So-net無料ブログ作成
検索選択

Nゲージ固定レイアウト、孫用の運転コントローラーを設置 [Nゲージ新レイアウト]

我が家のNゲージ新固定レイアウト構築の進捗報告です。今回は、孫が運転する際に操作しやすいようにと、孫用の運転コントローラーを設置してみました。(#^.^#)

DSC_1005.JPG

上記写真の中央より少し右側に、孫(身長95cm)が、走行車両を見ながら立って操作するのにピッタリの高さで、今度、遊びに来たら喜ぶの間違いありません。

今回の固定レイアウトのコントローラーは、レイアウトの下部に3段の棚を作って、8台のコントローラーを設置してあり、同時に8線路に8車両を走行させる事が可能です。

DSC_1006.JPG
 
自分で操作するには、使いやすいかというと確かに微妙ですが、レイアウト全体を見ながら操作するには、こんな配置しか思い付かず今後の改良の課題です。
 
1~2ケ月ほど前の事ですが、イベントで鉄道模型を運転してきた孫の写真を送ってきたのです。
 
DSC_1007.jpg

こんな写真を送られてくると、ジジとしては闘争心というか、孫が喜ぶなら負けるわけには・・・
 
さすがにイベントのような運転台を作る事は出来ないのですが、思い付いたのが、この辺り(下記写真)にコントローラーを設置すれば、走行車両を見ながら運転できるから喜ぶの間違いありませんよね。

DSC_1162.JPG

早速、近所のホーマックで、コントローラーを設置する為の部材を買ってきました。ヾ(`・ω・´)ノ頑張るぞっ!!!

DSC_1360.JPG

まずは、イレクターパイプをパイプカッターを使って、必要なサイズに切断します。

DSC_1370.JPG

今回の新固定レイアウト構築では、ダイソーで買ったパイプカッターは大活躍です。(#^.^#)
 
イレクターパイプとジョイントを並べて、完成イメージの最終確認です。

DSC_1372.JPG

完成イメージを確認できたら、イレクターパイプとジョイントを固定(結合)します。これにはサンアロー接着液を使うのですが、手持ちなく一番小さなビンを購入しました。

DSC_1373.JPG

これでコントローラーを置くための台の枠組み完成です。

DSC_1376.JPG

当然ですが台には床部分が必要なのですが、ホーマックで見つけたのが、アクリサンデー板(厚さmm)で、わずか2mmですが硬いプラスチック板です。

DSC_1382.JPG

説明によるとカッターで何度か切り込み入れて、板を折り曲げれば割れカットできるそうです。確かにキレイ&簡単に切断できました。

DSC_1383.JPG

これで準備は全て完了で、次の作業は、先に作った台枠を、固定レイアウトに取り付けるのですが・・・

DSC_1384.JPG

固定レイアウトへの取り付けジョイントは、ハメ込みタイプなので、計画通りに取り付け自体は簡単に成功!

DSC_1385.JPG

先ほどの切断したアクリサンデー板を強力両面テープで貼って床部分を仕上げます。

DSC_1389.JPG
 
DSC_1391.JPG 

最後に、取り付けた台を、サンアロー接着液を使って固定すれば、コントローラーの置台の完成です。(^^♪
 
DSC_1396.JPG

今回のコントローラーですが、前回設置した路面電車も普段走らせる機会が少ないので、共用させようと思うので、スイッチを付けました。

DSC_1401.JPG

このスイッチのオンオフで、路面電車や、本線へのフィーダー線路と接続するのです。
 
本線は一番外周の線路にフィーダー線路を取り付けたので、コントローラーの目の前の線路を走る車両を運転(操作)できます。

DSC_1404.JPG

既存のコントローラーとの共存ですが、走行させる方向さへ一致していれば、両方で操作可能です。(^_-)-☆
 
以上、孫に喜んで欲しくて、孫用の運転コントローラーを設置したのですが、これ操作してみると使いやすくて、いい感じなんです。
 
 

nice!(15) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。